マナーを守ってコインランドリーを利用したいものです

コインランドリーは、洗濯機を持たない下宿学生や、仕事の関係で夜遅くにしか洗濯できず近隣に迷惑が掛からぬように利用したり、梅雨時に洗濯物が乾かず乾燥機のみを利用したり、その活用法は様々です。
しかし、コインランドリーは不特定多数の人が利用するため、中にはマナー違反の利用方法をする人も見受けられます。例えば、乾燥機に洗濯物を入れ、30分の乾燥設定しているにも拘わらず、終了しても1時間以上放置して取りに来ない人を見かけます。

これは、次の人が利用できず迷惑な上に、コインランドリーを経営する人にとっても回転率が悪くなり、損失を与える結果に繋がりかねません。
使用時に席を離れても、終了時間には必ず取りに来ると言うのがマナーでしょう。

また、自宅の洗濯機で洗うのが嫌なペット用に使用している毛だらけのバスタオルや、子供が運動で泥だらけにした衣服をそのまま洗濯しているケースも見受けられます。

自分の家庭で洗うのが嫌な物を、その後他人が使用する洗濯機で洗濯するという身勝手さは、やはり腹立たしくさえ感じます。しかも、こうしたひどい状態の物を洗濯すれば、洗濯機が故障する原因となりかねないのです。

コインランドリーの詳細は専用ホームページで紹介しています。

実際、多くのコインランドリーでは、こうした行為をしないように注意の張り紙がされています。



こうした自己中心的な使用方法は、他のお客様やお店に多大な迷惑を掛けるため、絶対に止めるべきでしょう。

便利にコインランドリーを利用するために、マナーを守って利用したいものだとつくづく感じます。