コインランドリーの経営でフランチャイズは必要か

コインランドリーの経営を行う際の選択肢にフランチャイズに加盟するべきか、というものがあります。
これは考え方は人によって異なりますが、利用するメリットはそれほどありません。


個人経営しているケースが大多数の業界であるため、他の業界のフランチャイズとの相違点を把握して加盟するか検討すると良いでしょう。



フランチャイズに加盟する際に重要になるロイヤリティですが、コインランドリーの場合は必要ないことが多いです。

これは本部は使用する洗濯機を売るだけで経営にはほとんど関与しないからです。洗濯機は指定されているものを導入するので高性能な製品を利用できます。

メリットに思えますが、他の洗濯機は利用できないのでデメリットになることもあります。


ネームバリューによる客の増加はほぼありません。


コインランドリーはチェーン店名で選ばれるものではないのでこの効果は期待できません。



商品の流通ルートに関しても洗剤を補充するだけなので特別なルートを確保する必要性はありません。
コインランドリーは無人で営業できるので24時間開けることもできますが、深夜に不審者が現れることもあるので利用者の数や治安によって深夜は閉めたい場合もでありますが、フランチャイズは営業時間も指定されていることが多いので調整が難しくなります。



開店の際の洗濯機導入に関しては役に立ちますが、それ以降では加盟していることで不自由になる場面も多いので、あまりメリットを感じられないのであれば個人経営で良いでしょう。

大事なコインランドリーの事

コインランドリーを使うメリットは、休日を有意義に使えるということにもあります。平日、帰宅時間が遅いとたとえ少量であっても洗濯をするのが面倒になってしまうことというのもあるものです。...

more

コインランドリーの重要知識

コインランドリーは、洗濯機を持たない下宿学生や、仕事の関係で夜遅くにしか洗濯できず近隣に迷惑が掛からぬように利用したり、梅雨時に洗濯物が乾かず乾燥機のみを利用したり、その活用法は様々です。しかし、コインランドリーは不特定多数の人が利用するため、中にはマナー違反の利用方法をする人も見受けられます。...

more

コインランドリーのおすすめ情報

コインランドリーはクリーニング業界と比較して4分の一程度の市場規模ではありますが、現在1000億円規模に上っています。主婦層を中心として、布団など大型の洗濯ができることや乾燥までの過程を完了できるメリットに注目されています。...

more

1から学ぶコインランドリー

コインランドリーといえば無人のイメージがあったり、自宅でコインランドリーを経営している場合であれば、店の裏側で店主が待機しているようなイメージがあります。しかし、こうした状況ではない場合においてバイトなどを待機させることにあまり乗り気ではない経営者がほとんどです。...

more